家財の処分は自治体と専門業者のどちらに頼むべきか

不用品回収は行政と民間どっちに頼むのがおすすめ?

回収できる不用品の種類が違う

不用品を処分したいけれど捨てられずにずっと放置されたまま、なんて事はないでしょうか。
一般ごみに該当しない不用品は簡単には捨てられないというのも大きな原因なのではないかと思います。

捨てるとしたら民間か行政に依頼することになりますが、それもどちらが良いのか悩んでしまいます。
民間と行政では引き取ってもらえる物、回収方法、回収費用に違いがあるのでそれを把握しておくと選択しやすいかもしれません。

処分したい不用品によって民間に依頼するしかない場合もあったり、引っ越しなどで処分するまでの期日が決まっていたりスピーディーさを求める場合にも民間の方が対応してくれるでしょう。
出来るだけコストを抑えたい場合は回収方法を含めて手間がかかりますが行政に依頼すると民間に依頼するよりはグッとコストを削減することができます。

行政の場合は色々決まりがあって、捨てる場所にも指定があったり、処分する当日になって追加でこれもお願いしますと言うような、連絡時と違う事には対応してくれないので融通が利かないのがネックと感じる人もいるかもしれません。

民間の場合は多少の変更には柔軟に対応はしてくれますが、その分の費用はかかりますし処分するというのに予想以上の費用がかかって驚く事もあるようです。
手軽な部分は大きなメリットですが費用部分がどこまで割り切れるかもポイントになるかと思います。

少しでもコストを削減したいのなら民間と行政のどちらを依頼するにしても分別をしておくことをおすすめします。
分別をする事で一般ごみで捨てられる不用品に気が付いたり、行政に連絡をする際に手間取らないで済みます。
民間を利用する場合も分別まで業者に依頼すると別料金が発生するかもしれません。

不用品を処分する

行政と民間では回収できる不用品の種類が違います。 行政の方が回収できない不用品の規定が多く、民間の場合は業者により違いはあるものの、有害な物や異臭を発生させるもの、爆発や発火等の危険物でない限り何でも引き取ってもらえます。 処分したいもので使い分けるのも方法ですね。

処分する際の方法の違い

処分にかかる手間で考えるなら、色々と決まりがあって何かと面倒に感じやすいのが行政で、融通が利きやすく対応が早いのが民間です。 行政の場合は指定の場所に自分で運ぶ必要があるのですが、民間の場合は部屋から運び出してくれるのでその違いも大きいかと思います。

料金の違いは大きい

民間を選ぶか行政を選ぶかを判断するのにポイントとなるのは料金の違いです。 行政の場合は面倒ではありますが不用品の種類や大きさによって金額が明らかですし安く処分することができます。 民間の場合は業者によって費用が変わりますが、行政と比べると何倍もの費用がかかってしまいます。